> 成増小林瓦店
小林瓦店ホームページ

年間約2000時間を屋根の上で過ごす屋根職人独自の視点から発信します。

東京都(板橋区・練馬区・豊島区・北区・杉並区・中野区等)埼玉県(和光市・朝霞市・新座市・さいたま市等)を中心として雨漏り工事などの仕事をさせていただいています。
> 画像一覧
> ブログジャンル
<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
川と桜と葺き替え現場
c0223192_20571815.jpgc0223192_205734100.jpg

昨日から瓦の葺き替え工事をさせていただいています。

瓦をめくり、野地垂木を新しく抱かして野地を新しく貼り直しながら工事しています。

このお宅、石神井川のすぐ近くにあり、石神井川の脇に桜並木がずらーっと続いています。
まだ5分咲き程度ですが、もうすでに歩いている人が立ち止まり、デジカメや携帯のカメラで写真をとっている人をたくさん見かけます。

幸運なことに、工事をさせていただいている最中に満開を迎えそうなので、この工事もとても楽しく仕事ができそうです001.gif
[PR]
by yane1blog | 2010-03-31 21:03
カッター
c0223192_221101.jpgc0223192_22113036.jpg

今日は棟の取り直し工事と悪い箇所の修理をさせていただきました。

棟の取り直し工事の際に必要な部分の瓦をめくるのですが、めくると瓦のしたから古いカッターナイフが出てきました。
昔の大工さんは、自分で仕事した家の屋根裏などに自分のノミなどをわざと置いていき、自分が仕事をした証を残したという話を聞いたことがあります。

このカッターナイフはこの瓦を葺いた人が証を残すためにわざと置いていったのかもしれません・・・。

・・・いや、多分ただたんに忘れていっただけだと思います043.gif
[PR]
by yane1blog | 2010-03-29 22:21
棟取り直し
c0223192_2039234.jpg


今日は先日のつづきの棟取り直し工事をさせていただきました。
一昨日、昨日と雨が降ったので、のびのびになってしまっていました。

先日棟をめくっておいたので、今日は棟を積むだけの状態から仕事ができました。

二日続けて雨だったので、桜の咲くのも少し伸びたでしょうが、今日も少し肌寒くきれいに咲くのは来週くらいかなぁと勝手に思ってました001.gif
[PR]
by yane1blog | 2010-03-26 20:45
瓦の落下
c0223192_2111486.jpg


今日も朝から一日冷たい雨でした。
雨漏りの電話をいただき、すぐにカッパをきて現場へ向かい雨が漏らないように応急処置だけしてきました。

この写真は先日の突風で棟の一番上の瓦がずれ落ちてしまった写真です。
「瓦は下へ落ちてきたら危ないから、やっぱり屋根は瓦じゃない方がいい」なんて言われたことがあります。
確かに下へ落ちてしまったら、とても大変なことになります。
しかし、家を建ててから30~40年もまったく屋根に手入れをしていなければそれは経年劣化もすると思います。耐久性も劣ってきます。なにせ建物の中で一番過酷な状況で家を守っているのですから。
むしろ他の屋根材なら30~40年どころか半分の年数でとっくにダメになっていることの方が多いのです。瓦だからここまでもったっていう考えからもあるのです。

だから、長年家を守ってきた瓦に一方的に「やっぱり瓦はダメだ」なんてあんまりだと僕は思います。

少々偏った意見かもしれませんが、少し思ったので書いてみました。009.gif
[PR]
by yane1blog | 2010-03-25 21:31
アンテナ被害
c0223192_21212629.jpgc0223192_2121399.jpg

今日は朝から冷たい雨でした。
気温も冬に逆戻りしたような感じでとても寒く感じました。

先日の突風でアンテナが倒れてスレート屋根を割ってしまったらしく、朝小雨の降る中現場をみさせていただきました。

屋根に登ってみると、スレートが割れて下へ破片が落ちていました。
現場を見るだけの予定でしたので材料もなく修理ができません。
しかし今日明日と予報では雨が降り続くとのことなので、雨の漏らないように応急処置だけをしてきました。

作業が終わると雨粒も大きくなってきたので、なんとか早めに応急処置だけでもできてよかったとホッとしました045.gif
[PR]
by yane1blog | 2010-03-24 21:31
突風!
c0223192_2014664.jpgc0223192_202283.jpg

今日は棟取り直し工事をさせていただきました。

先日の土曜日、関東地方でかなり強い風が吹きました。突風といってもいいほどでした。
僕も台風以外であれほどの風が吹くのは今まで体感したことがありません。

その土曜日の突風で経年劣化で傷み始めていた棟部分がやられ、一番上の冠瓦が下へ落ちてしまっていました。
このままにしておくと危険なので、棟の手直しや補強などを含めて棟取り直し工事をさせていただくことになりました。

今日は天気予報では曇りだったのですが、現場の天気はお日様もでて、とても仕事のしやすい天気でした001.gif
[PR]
by yane1blog | 2010-03-23 20:09
グランプリ
c0223192_21325411.jpg


3月の20日、21日と千葉県の幕張で年に一度、瓦葺き技能士たちが技を競い合う「技能グランプリ」という大会が行われ、僕も初日の方に見学に行きました。
この大会は日々の仕事で高めた技術を全国の職人たちが一堂に集まり競い合う競技会です。

出場者は自分の出身の都道府県の代表を背負い、他の地方の職人たちと腕一本で競い合うのです。

何度かこの大会を見学に来たことがあるのですが、ここへ来ると独特の緊張感でこちらまで背筋が伸びるような感覚になります。
こういう大会を見に行くことで勉強になり、そして仕事へのやる気が出てきました017.gif
[PR]
by yane1blog | 2010-03-22 21:42
漆喰塗り直し工事
c0223192_21511379.jpg


先日の棟漆喰塗り直し工事の写真です。

棟漆喰とは棟瓦を積む際に、棟土というものを使い施工していきます。
棟土はそのままだと雨水に当たり、それが続くと棟土が洗い流されたりしてしまいます。
それを防ぐために漆喰を塗り、棟土が流されたり雨の浸入を防ぐのです。

最近は棟漆喰を使わなくてもいいような材料が普及していますが、一昔前に施工されてた家はだいたい棟土と棟漆喰を使用しています。
屋根の下からのぞいて棟漆喰が落ち始めているようでしたら、一度プロに診断してもらってもいいかもしれません001.gif
[PR]
by yane1blog | 2010-03-17 21:58
棟取り直し工事 続き
c0223192_201022.jpg


今日は昨日と同じ棟取り直し工事のお宅で工事させていただきました。
今日はとても暖かくとても過ごしやすく、仕事も気持ち良くさせていただきました。そのおかげで無事工事も完了しました。

ただ、気になることが一つ・・・。
僕はまだ花粉症になったことはないのですが、ここ数日少し鼻が詰まったりムズムズしたり・・・。
まさか・・・?とは思いつつ、花粉症だとは認めないでいます。。。
自分は花粉症ではないと信じてこれからのシーズンを乗り越えたいと思います008.gif
[PR]
by yane1blog | 2010-03-12 20:06
棟取り直し工事
c0223192_20203337.jpgc0223192_20204899.jpg

今日はここ数日の雨や雪で延ばし延ばしになっていた棟取り直し工事現場で仕事させていただきました。

このお宅、アンテナを取り換える際に屋根瓦の異変に気付き、屋根点検させていただきました。
棟瓦のズレや丸瓦が片方によってしまっていました。
棟部分だけ修理すればまだ数十年は持ち続けると判断して、棟取り直し工事を提案させていただきました。

今日は風も強かったのですが、ここ数日と違いとても暖かかったです001.gif
[PR]
by yane1blog | 2010-03-11 20:26
   

板橋区成増 小林瓦店の屋根屋ブログ  生涯屋根屋を目標に、常に現場から発信します
by yane1blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31